あい動物病院の日記

2017.04.10更新

5月から、フィラリア症予防薬の投薬期間スタートですglitter
 今年は気温が暖かいのか、「家の周りに蚊が多くて心配になっちゃうgan」というご相談をちらほらと…早めに4月から投与したいとのご希望で、すでに処方させていただいた方々もいらっしゃいます。
 基本的に東海地区では、5月から12月までの継続投与が推奨されています。フィラリア症とは、蚊が吸血する時にフィラリアの幼虫を体内に運び込み、それが体の中で脱皮を繰り返して発育し、成虫になって心臓に寄生するとても恐ろしい病気です。その主症状は、咳をしたり、呼吸が苦しそうで元気がないなど。現在、愛知県ではフィラリア陽性の犬の頭数が全国で第2位、という高い数字です汗猫が突然死する原因の大半も、このフィラリア症だと言われているほど、ペットライフに密接に関わってくる病気です。
 数年前までは、フィラリアにかかって死んでいくのが当たり前だと思われていました。しかし今は予防医学が進展し、定期駆虫をすることで感染から守ることのできる病気に変わってきていますnico体内に侵入したフィラリア幼虫が心臓に達するまでには時間がかかります。蚊が活動を開始して1ヵ月後に投与する薬で、それまでに感染した幼虫は充分駆除することが可能です。
 当院では、ワンちゃんには1年に1度で駆虫する注射タイプ、1ヵ月に1度毎月食べて駆虫するおやつタイプ。猫ちゃんには1ヵ月に1度背中に垂らして駆虫するスポットオンタイプ。ご希望に合わせた予防方法を選んでいただけるようご用意しています。

5月から12月は、大切な家族の命を守るために必要な「8ヵ月間の投薬期間」です。

スタッフ一同pad

投稿者: あい動物病院

ワンちゃんのこと
ネコちゃんのこと
ウサギ・フェレット
料金のご案内