あい動物病院の日記

2018.01.19更新

ワクチン?

あー 赤ちゃんの頃に打つやつのこと?

って思っている方!ダメですよ~pun

確かに、赤ちゃんの時期のワクチンは特に重要です。ワンちゃんもネコちゃんも、お母さんから受け継ぐ移行抗体が切れる時期に合わせて、数回に分けてワクチン接種することで、病気から体を守る力、病気と闘う力、すなわち免疫力を獲得するのです。

まだまだ小さい子への複数回の注射に、「かわいそうnamida」とおっしゃる方もいますよね。診察室では、こう説明させていただいています。

ワクチンを打つことで得られる免疫は、一生続くわけではありません。また、免疫が切れる前にもう一度ワクチンを注射すると、より強く、より長期間続く免疫を獲得することができるんですよ。生まれて間もない大切な子が、恐ろしい伝染病にかからないように、確実な予防効果を得るために。ネコちゃんは2回、ワンちゃんは3回のワクチン接種が必要なんです。

 

だから、大人になれば、もう打たなくていいんじゃない?

 

いえいえ、ダメですよ~pun

2年目からは、年に1度のワクチン接種をしてください。

繰り返すようですが、ワクチンによる免疫は、ずっとは続かないのです。ワクチンの効果は徐々に弱まってしまいますし、ウイルスや細菌は日常生活のありとあらゆるところに潜んでいます。だから、追加注射をすることで免疫を高め、維持することが大切です。年をとれば、様々な臓器の機能は弱り、免疫力も低下してきてしまいます。ですから、高齢になればなるほど、赤ちゃんの時期と並んで、ワクチンによる免疫の強化が重要な時期といえます。もちろん、残念ですが、ワクチンを打ったからと言って100%病気を予防できるものではありません。しかし、ワクチン接種した子は、たとえ病気になってしまったとしても、ワクチン接種をしていない子と比べると、その症状ははるかに軽くすみます。

 

ワクチンは健康な子にしか打つことができません。

ドッグランに遊びに行ったり、トリミングに行ったり、旅行に一緒に行ったりnote2たまにはカフェやお買い物にも一緒に行ったり・・・します?

最近は、ご家族とともにペットの出入りを許される場所がどんどん増えてきています。とっても素敵なことですよねheart3楽しいことを共有できると、ぐっと気持ちが近づいて、飼主さんとワンちゃんネコちゃんとの心の距離も近づきます。大切な子が元気だから、健康だからこそ、ワクチン接種の意義があると思います。きちんと予防していれば、感染症から身を守ることができますし、自分が感染源になることもありません。みんなが予防に気を付ければ、病気そのものを減らすこともできるのです。

 

ずーっと一緒にいるために・・・健康へのスタートはワクチンからnyan

スタッフよりpad

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: あい動物病院

ワンちゃんのこと
ネコちゃんのこと
ウサギ・フェレット
料金のご案内