あい動物病院の日記

2018.10.05更新

だんだん涼しくなって、夜は寒いぐらいですねmoon

温度変化は体調変化につながりやすく、調子をくずしがちなのがこの時期です。

体がかゆーいfun

ゲボッて吐いちゃったhun

なんだか食欲がないなぁshun

くしゃみ?咳?en

という主訴で来院される子が多くなってきています。

どの飼主さんも、いつもと違う小さな変化を見逃さない、素晴らしい観察力glitter(尊敬します!)

幸い、治療をすればほとんどの子がすぐ回復傾向に。

「あれ?おかしいかな?」と思ったらさっと病院へいらっしゃる方の多くは、治るのも早いですheart2

 

気を付けていただきたいのは、様子見してたら、しばらくすると治っちゃったという場合の方です。

「ちょっと吐いて、食欲も落ちてたんだけど、何日かしたら自然に治ってまた食べるようになって...でもまたここのところ食べが悪いかなぁ?」という繰り返しパターンです。

時間をかけて、慢性的に悪くなってきている体の異変に気付くのは、なかなか難しいものですbibibi

特に、腎臓・肝臓は沈黙の臓器。顕著な症状が出るのは、病気がだいぶ進行してきてからなのでとても厄介。

転院されてくる患者さんの中で目立つのは、心臓が悪いことを知らない子たちの多さです汗

すべての臓器の中心は心臓。心臓の病気に気づかないまま放っておけば、多臓器不全を引き起こしかねない、体の中で最も重要な器官なのです。

何も知らずに、毎回トリミングで長時間ドライヤーを当てられていたら…心臓にはものすごい負担がかかっていることになりますgan

 

大事な子の体の様子を知るには、血液検査が一番です。早めにわかっていれば、対処も早く、症状が出始める前に病気を抑え込むことができます!

 

「病気になってから考えればいいんじゃないの?」

「症状が出てきたら、薬飲めばいいんじゃない?」

でも、想像してみてください。ゲーゲー吐いてる子に薬を飲ませる辛さを。症状が重くなるほど、当然ですが薬の量も増えますよね?

病院的にはたくさんお薬がでて儲かりますけど、その考え方って本当にその子のためになってるの?と思いませんか?

ひどくなってから治療を始める選択が最善策でしょうか?

 

病院は、『予防できること・予防の方法をしっかりとお伝えしていく場所』であるべきです。

診察室に入ったら、先生に聴診してもらってください。

1年に1度、定期健康診断をして、体に異常がないか調べてみてください。

心配なことは何でも聞いてください。

私たちは、みなさんにとって最大の味方ですihiburn

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: あい動物病院

ワンちゃんのこと
ネコちゃんのこと
ウサギ・フェレット
料金のご案内